グローバルキッズ&ユースマガジン

2016年9月号

【今月のお役立ち情報】 「イスラム教のフツーの人々」を知るブログ

2016年09月07日 18:33 by ysc_globalschool

「イスラム教」と聞いて、何を思い浮かべますか?

 

メディアではテロや移民排斥など、どうもネガティブなニュースが多くなりがち。最近はイスラム教の戒律に沿った食べ物「ハラルフード」や、来日する観光客・留学生への対応も話題にのぼるようになりましたが、イスラム教の人々の普段の暮らしぶりや、背景の思想に触れる機会はなかなかありません。

現在、日本で暮らすイスラム教徒は10~20万人と推定されます。(公的な統計はなく、調査によって差があります。) その大半が外国籍者で、イスラム教徒が一定の割合を占める国の出身者として多いのはインドネシア人、バングラデシュ人、パキスタン人などです。これらの国々にルーツを持つ子どもが日本の学校に通う事例も増えてきました。

 ブログ「フツーの主婦が聞いてみた。イスラム教のフツーの人々」は、中野リョーコさん(イラストレーター)と岩口龍児さん(アラブ・コンサルティングサービス東京代表)の会話形式で、「そもそも、なんで豚肉がタブーなの?」「アルコールもダメなの?」「女性イスラム教徒のファッション」など、「そうそう、それ聞いてみたかった!」という話題を、イラストを交えて楽しく、わかりやすく伝えてくれます。

「よくわからないけれど、なんだか怖い・・・」なんてイメージに振り回されないよう、等身大の姿を知りたい方。ぜひ読んでみてくださいね。


 


 


 

 

関連記事

【今月のお役立ち情報】海外ルーツの子ども支援、ここがポイント!

2018年6月号

【今月のお役立ち情報】外国ルーツ生徒の高校進学、どうサポートする?

2018年2月号

【今月のお役立ち情報】『外国人保護者の子育て・保育支援情報&ツール』

2017年9月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年6月号

大阪北部地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被害がこれ以上広...

2018年2月号

早いもので2018年に入って1か月が過ぎました。いかがお過ごしですか? 今...