グローバルキッズ&ユースマガジン

2018年2月号

【スクール通信】今年もまた受験の季節が…

2018年02月02日 18:46 by ysc_globalschool

「日本語を母語としない子ども」と日本の学校

YSCグローバル・スクールでは小・中学生相当の年齢の子どもと、出身国で中等教育を修了して来日した若者(「既卒」と呼ばれます)等に日本語教育と教科指導を行っており、高校進学準備コースも毎年設けています。

外国ルーツの既卒の若者が「日本の高校入試について正しい情報を得て、日本語力を伸ばしながら、入試に合わせた教科学習を平日昼間に毎日できる場」が日本にはほとんどありません。2017年度はこうした既卒生、そして中学校に通いつつ週に何日か当校で昼間に学ぶ生徒と、毎日中学校に通いながら放課後に受講している生徒、すべて合わせて40名近くが高校進学に挑戦しています。

彼らの出身ルーツは中国・フィリピン・ネパールのほかアジア各国、アフリカ、南米と多岐に渡ります。当校は東京都多摩地域西部にあり、最寄駅から新宿まで1時間強。都心からかなり距離のあるこの地域でも学齢期にある外国ルーツの子ども・若者がこれだけいて、その背景もますます多様化しているのを感じます。

日本生まれ・日本育ちで親の出身国にまだ行ったことのない子もいれば、海外で育ち中3相当(またはそれ以上)の年齢になってから日本語ゼロ状態で来日し、わずか数か月で高校受験に臨む子も。後者は本人も指導する側も非常に大変なのはもちろんですが、実は前者の「日本生まれ・育ちで、日本語ですらすら話しているように見える生徒たち」もまた下記のような問題を抱えています。

日本の識字の課題は本当に「終わった」のだろうか?―あらためて考えたい機能的非識字のこと

このように日本語力、学力、日本の教育制度に関する知識が大きく異なる生徒たち。個々にきめ細かな対応が必要なことも多くまだまだ手探りですが、当校ではこれまでの活動を経て「成功につながりやすい指導のコツ」がある程度掴めてきました。

この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

【スクール通信】いろいろ、新しくなりました

2018年6月号

【スクール通信】YSCグローバル・スクールって、こんなところです

2017年9月号

【スクール通信】受験!

2017年3月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年6月号

大阪北部地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被害がこれ以上広...

2017年9月号

すっかり秋になりましたね。当YSCグローバル・スクールでは、もうすぐ6ター...