グローバルキッズ&ユースマガジン

2016年4月号

【今月の論点】 知っていますか?―日本に暮らす「外国にルーツを持つ」子どもたち。

2016年04月06日 17:36 by ysc_globalschool
 この連載では、YSCグローバル・スクール代表の田中宝紀が、外国にルーツを持つ子ども・若者をめぐる事柄を解説していきます。

 

 

あらためて、「外国にルーツを持つ子ども」とは? 

 「外国にルーツを持つ子ども」とは、両親またはそのどちらか一方が、外国出身者である子どものことをあらわしています。親御さんとの血のつながりは特に関係ありません。実親であっても、義親であっても、外国にルーツを持つ親御さんがいる場合、その子は「外国にルーツを持つ子ども」と呼ばれます。
 
 国籍や生まれた場所、話す言葉や宗教などは問いません。外国籍を持つ子どももいれば、親御さんのどちらか一方が外国出身者である、いわゆる「ハーフ」の日本国籍を持つ子どももいます。
この続きは無料購読すると
読むことができます。

関連記事

【今月の論点】聞こえていますか? 海外ルーツの子どもたちの「声」

2018年6月号

【今月の論点】2018年、「外国ルーツの子ども」の針路は?

2018年2月号

【今月の論点】日本の識字の課題は本当に「終わった」のだろうか?

2017年9月号

読者コメント

コメントはまだありません。記者に感想や質問を送ってみましょう。

バックナンバー(もっと見る)

2018年6月号

大阪北部地震で被災された皆様に心よりお見舞い申し上げます。被害がこれ以上広...

2018年2月号

早いもので2018年に入って1か月が過ぎました。いかがお過ごしですか? 今...